脱毛すると毛が減るだけじゃなくて肌もぴかぴかになるからこそ綺麗になりたい人にはお勧め

脱毛はただ毛をなくすだけの効果があると思ってはいけません。

もちろん脱毛はしっかりとムダ毛がなくなるので毛が多い人や毛自体が太いということで悩んでいる人には非常に有効手段です。脱毛をすると自分でカミソリや毛抜き、シェーバーなどで処理をするよりも処理頻度も少なく済みます。

脱毛をすると毛が細くなっていくし量も減るのでムダ毛に悩み人にとっては一番効果的なムダ毛の処理方法と言えます。しかしそんな脱毛はやればやるほど肌が綺麗になります。

毛と肌は無関係、そもそも脱毛で肌にダメージが与えてしまいそうって思う人もいるかもしれません。確かに脱毛をすると肌にレーザーや光を照射して、毛根の細胞に影響を与えるので多少ながらも肌には影響を与えます。

しかし最近の機械は非常に性能がアップしていますし、脱毛の時に肌へのダメージを減らし、美肌になるジェルを併用するサロンやクリニックも多いのでむしろ肌が綺麗になっていくのです。

また、サロンやクリニックに行って脱毛施術を受けると施術後のアフターケアとしてしっかりとした保湿をするように言われます。

それは肌がレーザーによって乾燥しやすい状態になる場合があること、また肌が乾燥して硬くなるとこれから脱毛するであろう今は肌に埋まっている毛が表面に出てこれず、脱毛効果がその毛に届かなくなることを防ぐためです。

乾燥している肌は毛が出てこれずに肌の下で埋没毛と呼ばれる状態になりやすいので、しっかりと保湿をして肌を柔らかくしておく必要があります。

そうすると脱毛効果をアップさせる効果とともに、普段よりも肌ケアをするようになるので自然に美肌になります。美肌の最大の味方は保湿なので、脱毛すると保湿する、美肌になるというプラスのループが成立するのです。

また、脱毛することで毛がなくなり、開いていた毛穴が閉じていきます。そうすることで毛穴によるざらつき、ぶつぶつが改善されて肌がツルツルになったという人は非常に多いです。また、自己処理によって毛穴に負担がかかりそれによるざらつきも改善されるので、脱毛によって肌表面が滑らかになり、脱毛する前よりも肌がツルツルになったと実感できます。

脱毛はなんだか不安だなって悩むものです。お金もかかります。でもお肌も綺麗になるなら一石二鳥って思えるものです。ムダ毛の処理も要らなくなるし肌も今まで以上に綺麗になるのですから、お得だと思えますし、女子力アップにも繋がります。

おでこ脱毛に失敗したくない方は要チェック

剛毛女子必見!セルフ脱毛する前にレーザー脱毛 

子供の頃から毛深いのが悩みでした。

年頃の中学生から高校性のころは、毛深さが気になりカミソリで毎日沿って肌がブツブツになっていました。

特に気になっていたのは足。 カミソリで剃れば剃るほど毛が太くなっていく感じで、しっかりした太い毛がはえてきて、少しのびたらジョリジョリ・・・

社会人になってからレーザー脱毛を決意し、脱毛サロンで初めてレーザー脱毛を経験しました。

レーザー脱毛は1㎝×2㎝ぐらいの幅の面がある機械を脱毛したい部位にあてていきます。 「ピッ」と音がなって1面にあてる時間は1秒ぐらいです。

足だと膝よりしたで片足15分程度。 太ももまで入れると30分ぐらいです。

レーザーを当てた時、少しピリッとした痛みがあります。 毛が濃いいところは少し痛めです。 

レーザー脱毛を終えた後の数週間後に今見える毛が抜け落ちて、またうもっていた毛が数週間後に生えてくるので、

2か月に1回ぐらいでレーザーを受けに行かなくてはいけません。  

えーこんなに時間がかかるの?! とはじめは思っていましたが、3回も受ければ大分全体的に薄くなってくるので、

後はあなたがどこまでやりたいかによります。

私は脇、足(足先からふとももまで) 口回り、Vライン Iラインをレーザー脱毛しました。

どれも3回から5回程度です。 

サロンもすべて同じサロンに行かず、その時安いキャンペーンをやっているところや、初回の体験で格安の時をねらっていっていたので、

1回に支払う料金は数百円から数千円でした。  その中で気に入ったサロンがあったら何回かリピートしてみる、といった感じです。

レーザー脱毛を体験したことがない方は、はじめは少し抵抗があるかもしれません。

でも私は何でもっと早くやらなかったんだろう、と本当に思いました。

その後はまだ生えてくる場所もありますが、前よりは全然薄くなっているので、カミソリをつかってもブツブツになったりはしません。

カミソリの種類も変わりました。

昔、レーザー脱毛をする前は、とにかく深剃りをしたかったので、昔ながらのカミソリの刃がかなりシャープな、女子が使うようなものではないものを使っていましたが、

今は肌に優しい感じの女子用カミソリで十分です。

レーザー脱毛する際に気をつけなければいけない事は、脱毛を始める前、している間の期間は毛を抜いたらいけないことです。

今まで抜いて処理していた方は、始める2週間前ぐらいから抜かずにカミソリなどで剃って、毛の生える周期を整えないといけません。

始めはめ面倒に思うかもしれませんが、今まで毛深くで悩んでいた時間のほうがよっぽど長いでしょう。

長年悩んでいたことが数か月で軽減できるので、毛深くて悩んでいる方はセルフケアする前に、レーザー脱毛が絶対おすすめです。

自分でも出来る簡単脱毛処理

脱毛はしたいけけど・・・・エステに行くと高いし・・・・。とお悩みな方は意外と多いのではないでしょうか。今回は、そんなお悩みをお抱えの方に、ご自宅で簡単に出来る脱毛(除毛、減毛)方法についてご紹介致します。

【ムダ毛の処理】

ムダ毛処理方法には様々ありますが、聞き覚えの多いのが「永久脱毛」ではないでしょうか。男女問わずこちらを施す方が増えてきています。ただ、こちらは残念ながらサロンやご自宅では行うことは出来ません。専門のクリニックにて行う施術になります。

今回はこれ以外の自宅で出来る脱毛、除毛方法についてご説明してまいります。

【脱毛と除毛】

除毛とは、日常的に行われているムダ毛処理でカミソリや電気シェーバーを使った剃毛や毛抜きなどを使って抜いていくものです。これは毛が伸びたり生え変わるたびに行う必要があります。

一方脱毛とは、毛根に直接作用させ、以降生えなくさせるまたは育成速度を遅らせるものです。

【自宅で簡単に出来る脱毛処理】

自宅で簡単に出来る脱毛処理方法には次のようなものがあります。

1.脱毛クリーム・・・肌に、専用のクリーム(多くはアルカリ成分)を塗ることでムダ毛を溶かしてしまうものです。正確には除毛です。伸びてきたらその都度対応する必要があります。

2.家庭用脱毛器・・・サロンやクリニックで行われる光やレーザー脱毛を自宅で行える機器です。やや高額(5万円を中心に上下)ですが、手間や肌の影響や仕上がりを見れば納得です。

3.脱毛ワックス・・・ムダ毛に専用のワックスを塗り、剥がすことでムダ毛も一緒に除去する脱毛方法です。毛根部分から除去できるので、効果が長く持続します。また繰り返し使うと毛根が弱っていくので、そのスパンは長くなっていきます。

4.脱毛スプレー・・・ムダ毛に吹きかけて暫くすると除毛が出来るスプレーです。クリーム同様に除毛になりますので、その都度の対応が必要です。

5.その他・・・上記以外では、カミソリや電気シェーバー、毛抜きなどを使い処理する方法があります。もっとも日常的で簡単に出来ますが、手間がかかるのとその都度の対応となります。

【自宅で行うメリットデメリット】

自宅でムダ毛処理を行うメリットは、「自分の好きな時に行える」「費用が安い」ことでしょう。しかし反対に「手間がかかる」「処理範囲が狭い」「皮膚への負担」などのデメリットもあります。これらを鑑みて自宅またはエステの利用を検討してみて下さい。

【自宅脱毛のケア】

自宅で脱毛処理をした後には、保湿のみでは不十分ですので必ず肌ケアをして下さい。市販の肌ケアクリームなどで大丈夫です。

脇の黒ずみを解消するには

「黒ずみの原因」

脇の皮膚がは、とても薄いのでちょっとしたことで衣類の摩擦や蒸れといった刺激を受けやすく、黒ずみになりやすい箇所です。特に自分で脇毛の処理を行なっている方は注意しましょう。

カミソリや毛抜きで自己処理を繰り返していると、皮膚が炎症を起こしやすく、黒ずみの大きな原因となります。特に毛抜きは、毛を無理に引き抜くので毛穴や皮膚が傷つき、ぶつぶつになりやすく、埋没毛ができてしまいます。

この埋没毛も黒ずみの大きな原因です。埋没毛は最悪の場合、毛穴の中で細菌感染を起こしてしまうこともあるので要注意です。また毛抜きにより広がった毛穴からは2本以上の毛が生えてきたり、毛が太くなったりとその後の処理がより困難になります。

脱毛サロンで処理してもらうのが、やはり皮膚に負担が少ないので1番おすすめですが、どうしても自己処理をしたい場合は、専用のシェーバーとクリームを使いましょう。

制汗剤の使用も要注意です。制汗剤は脇の毛穴を塞ぐので、毛穴に溜まった汚れが角質とくっついて定着すると黒ずみとして脇に残ります。肌の弱い方は特に注意が必要です。過度な使用は避け、使用した後には石鹸をしっかり泡だてて丁寧に洗い流しましょう。

「黒ずみケア」

できてしまった黒ずみをケアするには、まず肌のターンオーバーを正常にさせることから始めます。そのためには、栄養バランスのとれた食事は必須です。特にビタミン類は積極的に摂取しましょう。ターンオーバーが正常になることで、黒ずみが徐々に剥がれ落ち新しい皮膚が生まれてきます。

そして同時に化粧水でケアすることも大切です。毛穴が徐々に小さくなり、汚れが詰まりにくくなってきます。化粧水は普段顔に使っているもので問題ありませんが、香料の強いものはそれだけでも肌への刺激になるので避けてください。無香料で、保湿と美白を兼ね備えたものがおすすめです。

また身につける下着や洋服も要注意です。化学繊維は摩擦が起こりやすく、皮膚に与える負担が大きいです。コットンなど優しい素材を選ぶようにし、家にいる時は締め付けの強い下着は避けるのが無難です。

しつこい黒ずみには、重曹を使ってケアする方法もあります。重曹を水で溶いてペースト状にしたものを脇に塗り、10分ほど放置した後に洗い流すだけです。ただし重曹は研磨作用が強いのでこすってしまうと黒ずみを刺激して悪化する恐れがあるので注意が必要です。

心配な方は、脇専用の黒ずみケアクリームがおすすめです。抗炎症成分を含み、保湿と美白の両方の効果を兼ね備えています。

毛深い方が脱毛を行っても効果がある?!毛深い方におススメな脱毛方法やプランとは?

エステサロンや医療機関で脱毛したいけど、毛深いから毛が抜けなくて効果が出ないのではと心配する方もいますが、実は毛深い方の方が脱毛効果が得られやすいとされています。

エステサロンや医療機関で使われる脱毛はメラニン色素と呼ばれる黒い色に反応する光を照射して毛根にダメージを与える方法で行われます。

黒くて濃い色に反応する特性を持つ機械で脱毛していくので、細くて薄い毛よりも太くて濃い毛の方がより光が反応してくれるので、毛深い方が脱毛効果が得られやすいのです。

毛深い方でも脱毛効果が得られることが分かりましたが、サロンや医療機関にはさまざまな脱毛方法があります。

その中で、毛深い方におススメしたい脱毛方法を紹介します。

1つ目はエステサロンの「回数無制限のコース」です。

毛が太くて濃くて毛深い方が脱毛効果が得られやすいですが、少ない回数で脱毛が完了する訳ではありません。

毛深い方は太くて濃い毛が密集している状態なのでそれらを除去して綺麗な状態になるには時間がかかります。

エステサロンには「何回コース」と言うように、回数が決められているコースが多いですが、毛深い方はその回数以内で納得のいく効果が得られない可能性もあります。

なので、回数縛りがない何回でも通い放題のコースで脱毛する方が、決められた回数通っても効果が薄いというリスクを減らし、安心して脱毛出来ます。

回数無制限のコースなら施術回数や期限も決められていないので、自分が納得できるまでとことん通うことが出来るのが毛深い方にとって魅力であると言えます。

回数無制限コースは高額になるイメージがありますが、エステサロンによっては回数が決められているコースを選んだが、結局は余分に通うことになったり効果に納得が出来なくて余計に脱毛することを考えると、結果的に回数が決まっていないコースの方がお得になることもあります。

2つ目はクリニックでの「医療レーザー脱毛」です。

エステサロンでの脱毛よりも高額になりますが、永久脱毛の効果が期待出来るので毛深い方におススメなのです。

さらに、医療レーザー脱毛は1回の施術効果が高いので、エステサロンでの脱毛よりも早く脱毛が完了し、何回も何年も通うことが無いことも毛深い方にとって大きなメリットと言えます。

1回の施術効果が高いこと、毛が太くて濃い方はその分光の反応が強いので痛みを感じることもありますが、痛みに不安を感じる方には麻酔を用意しているところがあるので安心して施術が受けられます。

また、キャンペーン価格としてお得な値段で施術を試してくれるところもありますので、どのくらいの痛みなのかを実際に確認してから施術を続けるか検討することも出来ます。

よって、毛深い方の方がエステサロンや医療機関で脱毛を行うのにおススメな方法として痛みが少なくて、より安く脱毛をしたい方はエステサロンの「回数無制限のコース」がおススメで、通う回数が少なくて、永久脱毛効果のような高い効果が期待したいならクリニックでの「医療レーザー脱毛」がおススメだと言えます。